本文へスキップ

調布市つつじヶ丘の英会話・韓国語・中国語・日本語を学べる教室です

TEL. 070-2655-0817

〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
エクセルハイツI

室長の思いCOLUMN

それぞれの言語の楽しさや面白さなどつづっていきます

ある出来事

  • る日、羽田空港からソウルへ行く飛行機を待っていた時、コーヒーが飲みたくなったので、コーヒーを探しに売店へと足を運んだ。ところが、私が行った売店には運悪くコーヒーが置いていなかった。う〜ん、どうするか。
     妥協して他の飲み物を買うか、それとも店を出るかと悩んでいた時、目線の先にコーヒーカップが見えた。え?と驚きながらも、視線を横にずらすと白人の男性がコーヒー片手にお土産を見ていたので、お!ラッキーと思うのと同時に彼の所に行き、何の迷いもなく、どこでコーヒーを買ったのか?を尋ねた。勿論、英語で。すると、彼は少し緊張した感じ(少しムッとしている)のように見えた態度で答えたのであった。
    の時、私は自然に英会語が出来るはずの彼がなぜこんな態度なのだろうかと不思議に思うのと同時に、語学会話に必要な物は決して語学能力だけではないことを証明してくれたとも感じたのである。彼が私に構っている時間が無いなら、話しかけられてムッとするのも分からなくもない。しかし、彼は私に私が求めているパスは出さなかった。いや、出せなかった。

    なぜか。
    私は3つの仮説を起てた。

    1 彼には日本人は英語ができないという考えが何処かにあったため、日本人が英語でしゃべってきたことに彼はびっくりしてしまった。つまり油断していた。だから身構えてしまった。

    → もしも、これがムッとなる原因ならば、ムッとされたことは嬉しくないが私は嬉しい。なぜなら、英語が話せる日本人がいるという事実を、その白人男性に伝えることができたかもしれないのからだ。次に日本に来に来たときは、日本人に英語で話しかけられてもムッとしないことを願いたいものだ。

    2 実は彼は他人からしゃべりかけられることに慣れていなかったのではないか。
     塾か学校か忘れたが、どこかの英語教師が「彼らはいつも陽気でフレンドリーだ」と言っていたことが間違ったイメージを持ってしまうことは、とても怖いことであると改めて実感できた。日本人の多くが抱いている、いつも陽気な外国人というイメージをそろそろ外す時が来たのではないだろうか。
     そうすれば、拍子抜けすることもなくなるだろう。ましてや、いつも陽気なん て思わなくなる。彼らも我々日本人と同じで、見知らぬ人にはフレンドリーでは無いといったところだろう。
     更に、人に何かを説明することが苦手な方が少なくないことも分かった。ちなみに、私が秋葉で声をかけた白人の方もフレンドリーというイメージとは程遠いかったことを記憶している。

    3  最後の仮説は、彼にはコミュニケーション能力が欠けていた。
    → これこそ、私の中でやっぱりそうだったのかと思えるものである。
     もし、彼にコミュニケーション能力があったのならば、コーヒー売り場の場所を説明するだけのことで怒ったような感じにはならないだろう。つまり、彼は私でない他の誰か(国籍・人種関係無く)がコーヒーショップは何処ですか?と尋ねても、きっとぶっきらぼうであったに違いないこと。
     生きた語学の教科書は、本屋に置いてあるものだけとは限らない。こういう実践場面にも生きた教材がある。だからこそ、アンテナを張る必要がある。アンテナがなければ、いくら語学が達者でもこういう教材は拾えない。
     英会話が上手くいかないのは、何も貴方のせいだけではないということが、私がこれを見てくれている貴方に伝えたいことである。貴方が「あ〜、話しかけたけど上手く行かなかった」と嘆いたが、でもそれがもしも上記であげた2や3が原因だったらどうだろうか。相手のせいだとは言うのは少し気が引けるかもしれないが、貴方が落ち込む理由でもないのではないだろうか?ましてや、2や3が原因で、もう英会話が上手くいかないのは全て自分のせいだと決めつけて、つまらないからやめたとなったら余りにももったいないではないだろうか。むしろ、あの人とは馬が合わなかっただけだと考え、次の人にトライしてもらいたい。自分自身でどんな外国人のスタイルが自分には合うのかを肌で感じることも、生きた語学の勉強である。臨機応変に対応することも、語学会話を楽しむための秘訣である。私自身がハワイでそうであったように。

    の国籍・人種・立場(帰国子女・在日・華僑・ハーフ・・・)であっても、横柄な態度・礼儀を知らない。更にぶっきらぼうな言葉を投げかけるようでは、話し相手は離れていくのである。いくら、英語・韓国語・中国語・日本語などの言語が流暢に話せても。

    学ができ、コミュニケーションもしっかり取れる。君との会話は楽しいと言われる又思われる。一方、言語はできるけど、コミュニケーションがうまく取れない。君の語学はできる姿は否定しないけど、会話はしたくないと言われる又思われる。

    、語学会話のあり方は、大きく変わりつつある。
    語学会話ができるからカッコいいという時代は終わりを迎えている。
    私が、ただ英語を話している外国人・日本人をカッコいいと思わなくなったように。また、日本語を流暢に話せているけど、ただそれだけの外国人も例外ではない。男女共に、本当にカッコいい方(外国人・日本人関係なし)はコミュニケーション能力と語学会話を両方大切にしている。

    の記事を読んだ貴方が語学会話のみならず、コミュニケーション能力も生かし、
    楽しい語学ライフを送っていただければ幸いである。

    To be continued...

つつじヶ丘会話教室

〒182-0006
東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
         エクセルハイツI

TEL 070-2655-0817

営業時間:9時〜12時・14時〜19時

定休日:土曜・日曜・祝日

講師プロフィール

・札幌大学経営学部経営学科 卒業
・ソウル大学語学学院 修了
・ハワイ大学 Nice program 修了
・上海大学国際交流学院 修了

【趣 味】
・読書(語学の本は常に携帯)
・新聞購読
  (日・英・中・韓の4か国)
・映画鑑賞
・ウォーキング  ・ハイキング
・ロードバイク  ・マラソン
・トライアスロン
・食べ歩き(甘いものが大好物)
・古本屋巡り

<留学生時代のとして活動>
 ・韓国・中国・ハワイで
  現地の方に日本語または
  彼らの言語を使って教えた。

 ・ボランティアやイベント行事など
  にも積極的に参加して、
  現地の方々と交流。