本文へスキップ

調布市つつじヶ丘の英会話・韓国語・中国語・日本語を学べる教室です

TEL. 070-2655-0817

〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
エクセルハイツI

室長の思いCOLUMN

それぞれの言語の楽しさや面白さなどつづっていきます

コンディションを整えよう 〜語学という長いマラソンに出るために〜

  • 々、日本人は語学勉強というものを理解できないまま学生生活を終え大人になっている傾向にある。私自身もそうであった。さて、学校英語という言葉が世の中に生まれ、かなり時が経つが、この学校英語(テスト・進塾勉強のための塾英語含む)は例えるのならまさに50メートル走又100メートルといった短距離走である。もちろんそこには優秀な教師がいて、教師は生徒に、〜の熟語が出るぞ〜、ここの単語がでるから覚えておけと声を大にしてトコトン短時間で頭に押し込ませる。そう、頭に入ってくるのは早い。
     しかし、肝心の生徒たちは、そういった勉強から解放されたら、あっという間に頭の中から、単語・文法・熟語がズルッと抜け落ちてしまっているのである。基礎も固まらず、語学勉強ってなんだろう、どうして語学勉強は大切なことなのかということさえも考える・理解する暇など無い状況で、みな大人になり、学んだことはほとんど日常生活で使えないものと定着しているのが現実である。
     勘違いしないでもらいたいのは、学校や塾批判のために書いているのではないことだ。私なりの学校や塾で学んだ英語のような一過性(終わったらすぐ頭から離れる)なものでは、身につかないということがよく分かったと言いたいだけである。そして、その一過性な語学勉強からは好きだという気持ちなど生まれないこともよく分かったのである。
    て、ではどんな語学勉強なら語学と長期間付き合えるのか。皆さんは、公務員ランナーの川内さんをご存知だろうか?彼は何処のプロ陸上にも属さず、常に目標を作り自分で考え自分の思い描いた練習方法でマラソンに出ている。詳しくはわからないが、きっと食事配分なども自分できめているのではないだろうか。この陸上の表舞台に出てきてから彼は長期にわたりコツコツ、やっている。いい結果が出ないときもある。
     しかし、どの選手よりも数多くのレースに出続けていることが、長い期間戦えるコンディションを常に自分で整えている証拠ではないだろうか。そして、好きだから続けられるということではないだろうか。まさに、語学を長期間続けるための秘訣はマラソンに例えるのなら、ここにあるのではないだろうか。スタミナを蓄える(長期間語学と向き合える力や気持ちの維持・勉強する言語への理解力や好奇心を高める(好きになる))/戦術眼(自分が思い描く語学(どのように語学と接するのか))/休憩(頭を休ませる・何をするべきかを整理する・どうしてそれが必要なのかをじっくり考える)/レースに集中するための準備(自分にあった教材や通いたいと思う学校をじっくり決める)など、いろんな要素が語学勉強をし始めること、そして続けていくことと似ているのではないだろうか。語学だけでなく色んなこともという声がきこえてきそうだが、まさしくそうである。
    あ、君の長期間フルマラソンはもうすぐ始まる。今までの一過性の語学勉強とはさよならをして君の語学を上手に構築できるように自分自身でコンディションを整え、自信を持って語学の世界へ飛び込もう。
GOOD LUCK

つつじヶ丘会話教室

〒182-0006
東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
         エクセルハイツI

TEL 070-2655-0817

営業時間:9時〜12時・14時〜19時

定休日:土曜・日曜・祝日