本文へスキップ

調布市つつじヶ丘の英会話・韓国語・中国語・日本語を学べる教室です

TEL. 070-2655-0817

〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
エクセルハイツI

室長の思いCOLUMN

それぞれの言語の楽しさや面白さなどつづっていきます

もう日本人英語を恐れるのはやめよう

  • 語に限らずではあるが、発音が日本人的だと、可笑しいと考える方が日本人に多く見られる。実際、日本人語学留学生の多くが何かあるごとに、あの人の発音はおかしいとか良くないとか非難していることもある。きっと日本の語学学校や学院、カルチャーセンターでのグループレッスンでもあるだろう。語学留学生の同じクラスにいる韓国人や中国人にもこれと同じく、韓国人英語・中国人英語というものは存在するだろう。
     しかし、彼らはそんなことを気にしていていない。むしろ、如何に会話ができるかできないかに重みを置いているので、日本人よりも彼らのほうが会話に力を入れていることが分かる。発音が完璧で無くても恥ずかしがらず話す姿勢は我々日本人も取り入れなくてはいけないのである。日本人は綺麗な言葉を話したいという考えがあるせいなのか、言葉の発音などが崩れることを嫌うのである。
     そして、失敗を恐れることから口が閉ざされ会話ができなくなってしまうのである。外国人を前にして、発音ばかり気にしているようでは、会話など到底できないのである。発音とは会話の過程で調節していくもの(徐々に上手になる)であり、発音の授業をチョコンと勉強しただけで、いきなり現地の人同様にはならないのである。日本に何十年も住んでいる外国人でさえ日本語が日本人の日本語にならないように、相当な期間を要するのである。
    しいことに、日本人英語というこの言葉こそが日本人から英語を勉強したい、英語で会話をしたい、楽しみたいという大切な気持ちを奪い去ってしまったのである。それは、日本人韓国語、日本人中国語などでも同じである。
    語の本や新聞を読めるのと会話ができる事の違いがあるように「発音が上手」と「会話が上手」は全くの別物なのである。今、日本人に求められているのは明らかに後者である。
発音を恐れず会話をする姿勢を作ってみてはどうだろう。
大丈夫、本当に語学が好きならば必ず話せるようになる。

つつじヶ丘会話教室

〒182-0006
東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
         エクセルハイツI

TEL 070-2655-0817

営業時間:9時〜12時・14時〜19時

定休日:土曜・日曜・祝日