本文へスキップ

調布市つつじヶ丘の英会話・韓国語・中国語・日本語を学べる教室です

TEL. 070-2655-0817

〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
エクセルハイツI

室長の思いCOLUMN

それぞれの言語の楽しさや面白さなどつづっていきます

ハンバーガーの注文から見えてくる大事なこと

  • ンバーガーを注文するときに、どの言語でも必要最低限な言い回しがある。しかし、外国でただメニューに指を指して、これ、これと言っている姿は思っていた以上に有り触れている。
    恥ずかしい話だが、私自身ハンバーガーやセットメニューを注文する時店員と激しいバトルを展開してしまったことがあるが、これ、これと指して注文して注文したらほぼ無言になるのではなく、どうしたら楽しく注文できるのかと考え試行錯誤した結果、間違っていたのは私の方だったことに気づけたのである。そのおかげで、会話力や自発的に言葉を投げかける力が向上したのである。日常生活での些細な事の中に、会話力を向上させるヒントがいっぱいある。
    に、この注文をする場面にもその国の習慣が滲み出るということに気付かないといけない。マクドナルドを例にしよう。日本では、従業員は余計なことは言わずに、淡々とメニューを取る。だから、お客さんも淡々とそれに答えるだけで終わる。これが、私が抱く日本での注文の仕方の習慣である。
     しかし、外国では正反対といっても過言ではないくらい、注文時にお客さんに色々な話(注文に関係がある・ない)を振ってくることがよくある(無論、人によっては淡々とメニューを取ることもある)。だから、このことに対応できないと注文一つままならないという状況に陥ることとなる。
     これは、外国で日本人が注文している姿をみて感じたことだが、彼らは日本の頼み方に慣れてしまっているせいか注文時に色々と話しかけられることを極端に嫌う傾向がある。だから、余裕もなく、注文時に笑顔も無い。むしろ、うるさいな、早くしてくれという気持ちが顔に出てしまっているのではないだろうかと感じた。
    化や習慣を知ろうとすることがいかに語学勉強に直結しているかが分かる一コマと私は思う。外国でいつも不機嫌そうな顔をして、損をしてしまうということにならないためにも、色々な所に注目することが大事である。

つつじヶ丘会話教室

〒182-0006
東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
         エクセルハイツI

TEL 070-2655-0817

営業時間:9時〜12時・14時〜19時

定休日:土曜・日曜・祝日

講師プロフィール

・札幌大学経営学部経営学科 卒業
・ソウル大学語学学院 修了
・ハワイ大学 Nice program 修了
・上海大学国際交流学院 修了

【趣 味】
・読書(語学の本は常に携帯)
・新聞購読
  (日・英・中・韓の4か国)
・映画鑑賞
・ウォーキング  ・ハイキング
・ロードバイク  ・マラソン
・トライアスロン
・食べ歩き(甘いものが大好物)
・古本屋巡り

<留学生時代のとして活動>
 ・韓国・中国・ハワイで
  現地の方に日本語または
  彼らの言語を使って教えた。

 ・ボランティアやイベント行事など
  にも積極的に参加して、
  現地の方々と交流。