本文へスキップ

調布市つつじヶ丘の英会話・韓国語・中国語・日本語を学べる教室です

TEL. 070-2655-0817

〒182-0006 東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
エクセルハイツI

室長の思いCOLUMN

それぞれの言語の楽しさや面白さなどつづっていきます

理解力のみでは語学会話習得は困難である

  • 時私の世代で、中学校から英語の授業が始まるにあたって英語とはなんだろうという好奇心を持っていた学生は少なくなかったことが記憶にある。当時の私たちは、英語を英会話として考えることができずに、英語は数学や国語と同じ一つの学校の授業と捉えていたのである。したがって、英会話習得の仕組みを数学の計算や国語の読解問題などと同じく、理解さえすれば英語を話せるようになると思い込んでしまったのである。教える先生方も、テストに向けての授業は会話にも応用できると考えていたのだろう。
     しかし、実はこの発想こそが我々の英語会話力を向上させるどころか、反対に英語に対する熱意や好奇心を奪い英語とはとてもつまらないものという認識を与えてしまったのではないだろうか。
    では、小学生から英語が勉強できる時代であるので、学校の先生方が今まさに小学生を対象に再起をかけ英語を教えていることだろう。しかしながら、現実は厳しいものである。ここでも、英語が英会話に発展していないのである。つまり小学生たちは話せるようになっていないのが現状である。現に、私は本当に話せるようになっているのかどうかを実験したことがある。たまたま、一人の少年が教室の入り口付近を自転車で遊んでいたので、注意する感じで何をしているのと英語で質問してみたのが、そのとき小学生はポカンとしていた。私は〜をしていますが言えず意味分からんという顔をしていた少年を見て、何も変わっていないと実感したのだった。しかし、もしその小学生に英語の教科書を見せて、この意味や使い方は分かるかなと尋ねたのなら、彼はきっと“うん、分かるよ、だってここ学校で習ったから”と答えていたかもしれない。なぜなら、理解力がついているからである。では、なぜ私が英語で話しかけた時、ポカンとしてしまったのか。それは、理解力とは異なる外国語を話そうという姿勢や意識が出来上がっていないからではないだろうか。小学生だけでなく中・高・大学生、又社会人となった我々世代や、私よりも年齢が上の方々でも、小学生の例と同じように、誰かに英語で声をかけられたら、途端にドキマキしてしまい、頭で分かっていても文章が口から出てこないのである。しかし、この方達も小学生の例と同じように、文法や単語などを見せたり、解説したりすると、“分かる” “学生時代、勉強した”と意味も使い方も理解しているのである。
     このことからも大多数の方が英語に触れた経験があり、英語に対する理解力も乏しくないのに、なぜ英会話になると話せなくなってしまうのか。
     しかし、実はこの発想こそが我々の英語会話力を向上させるどころか、反対に英語に対する熱意や好奇心を奪い英語とはとてもつまらないものという認識を与えてしまったのではないだろうか。
    れは、外国語を話そうとする姿勢や意識が出来上がっていないからである。また、外国人と会話をすることはどういうことなのかを理解できていないからではないだろか。外国語を話すことは数学の計算を解くことや国語の読解力を解くこととは違う。前者は理解力があればできる、しかし外国語会話は理解力があっても、それは分かるであってできるのではない(会話はできない)ことに気付くことが必要である。
     習う者のみならず、教える者も考えなくてはいけないことではないだろうか。

つつじヶ丘会話教室

〒182-0006
東京都調布市西つつじヶ丘3-18-3
         エクセルハイツI

TEL 070-2655-0817

営業時間:9時〜12時・14時〜19時

定休日:土曜・日曜・祝日